ホワイトニング|歯科イーエムデンタルクリニック|広島県福山市の歯医者・歯科医院。春日町、日吉台、能島、青葉台、伊勢丘からも多数来院

駐車場11台完備 0120-034-118

Whitening / ホワイトニング

ホワイトニングのプロ、ホワイトニングコーディネータが2名在籍。適切なアドバイス、そして治療を実施します。

よく患者様から「ホワイトニング」と「審美歯科治療」の違いを質問されます。

「歯を白くする」という目的は同じですが、その「やり方」が異なります。

 

簡単にご説明しますと、ホワイトニングは安全な「薬剤」を使用して歯を白く、審美歯科治療は、セラミック製の「詰め物・かぶせ物」を利用して歯を白くしていきます。

それ以外にも下記の点で違いがあります。

 

 

メリット

デメリット

ホワイトニング

ホワイトニング

・値段がお手頃
・歯を削らない
・来院回数が少ない

・色が後戻りする
・色を維持させるためにはタッチアップ(再ホワイトニング)が必要。

審美歯科治療

審美歯科治療

・半永久的に白い歯を維持できる。
・色だけでなく「歯の形」「歯並び」も改善できる。

・歯を削る必要がある
・ホワイトニングと比べて値段が高い。

※審美歯科治療に関しては審美歯科をご参照ください。

 

当院では、患者様のご希望をお伺いし、どの治療法が適切かのご提案もさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

+ホワイトニングのプロ。「ホワイトニングコーディネーター」が2名在籍

当院には日本審美歯科学会認定のホワイトニングコーディネーター(有資格者)が2名在籍しています。ホワイトニングのプロですね。

 

平岡 大塚

ホワイトニング処置はもちろん、治療前の処置、治療後のコンサルテーションに長けたスタッフですので、安心してホワイトニングを受けて頂けます。

 

コンサル

 

 

+当院が提供しているホワイトニングシステム-オパールエッセンス

ホワイトニングにはご自宅で行う「ホームホワイトニング」と、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」がありますが、当院では「ホームホワイトニング」を行っております。

そのホワイトニングシステムの特徴をご紹介します。

 

オパールエッセンス

 

当医院ではウルトラデント社(米国)の「オパールエッセンス」というホームホワイトニング治療をご紹介させていただいています。ご自宅で薬剤を塗布したマウスピースを装着するだけで、優しく持続的に歯を白くしていきます。また、オパールエッセンスは他社のホームホワイトニングシステムと較べ、薬剤ジェルがマウスピースから漏れにくく、使用中のお口の中の不快感が非常に少ないことが最大の特徴です。また、歯にとても優しい成分を使用していますので、治療中の知覚過敏を起こしにくいという特徴も併せ持ちます。

 

基本的に在宅治療ですが、要所要所で歯科医師の指導のもと行いますので安心です。

 

オパールエッセンスに用いられている薬剤の主成分は過酸化尿素といい、以前からお口の中の消毒に使われてきたものです。アメリカ医薬品局、アメリカ歯科医師会でも、その安全性が認められていますので、安心してお使いいただけます。

 

当院で実施したホワイトニング症例をご紹介します。

 

ビフォアー アフター1

ビフォアー アフター2

ビフォアー アフター3

ビフォアー アフター4

ビフォアー アフター5

ビフォアー アフター6

 

また、当院では、治療前と治療後にお口の写真を撮影しますので、どのくらい白くなったのかを実感して頂くことが出来ます。

 

撮影 検証

 

 

治療の流れ      

 

1.

当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃します。

ホワイトニングは、虫歯や歯周病のない状態で行う治療です。

比較的大きな虫歯があった場合は、ホワイトニングの薬液によって、痛みが誘発されて治療できません。歯周病があった場合は、歯茎からの出血により、血液が混じって薬液の効果が出ません。そのため1回目は口腔内診査(歯石除去&PMTC)及びカウンセリングや食事制限の説明をいたします。これにより本来の歯の色に戻ります。

img1

2.

歯型をとり、患者様の歯並びに合ったマウスピースを作ります。

img1

3.

そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。

img1

4.

変色の程度にもよりますが、1日8時間以内で、約2週間続けます。

img1

5.

1週間に一度来院して頂き、歯の状況やマウスピースが変型していないか定期的にチェックしてゆきます。

 

 

 

+「白さ」の持続期間は?

これは非常に気になることだと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、ホワイトニングは残念ながら永遠に白さが維持されることはありません。どのホワイトニング剤を使っても同様です。

 

可能な限り白さを維持するためには、着色しやすい食べ物をとらないことや、ホワイトニングメンテナンス用の歯磨き粉を使う事、そして定期的に歯科衛生士による歯のクリーニングを受けることをお勧めします。

また、1年に一度の追加ホワイトニングをすることで、

白さを維持することが出来ます。この追加ホワイトニングを

「タッチアップ」というのですが、これを定期的に行うことに

より、変色しにくい歯になっていくという研究報告があります。

 

ホワイトニング剤は身体に害はありませんので、

何度繰り返しても問題ありません。

 

また、半永久的に歯の白さを維持させたい場合は審美歯科治療

がございますので、詳しくは審美歯科を参照ください。

副院長

 

 

¶ホワイトニングQ&A

以前に治療した歯にもホワイトニング効果はありますか?

ホワイトニングは天然の歯に対して作用するため、被せもの・差し歯には効果がありません。もしも、以前に治療された歯と天然の歯の色とで差異が生じた場合は、ホワイトニングされた歯の色合いに合わせて審美歯科治療をすることにより、全体的に美しい歯を表現することができます。

 

ホワイトニングができない人はいますか?

います。

無カタラーゼ血症、糖尿病、アレルギー、免疫疾患、呼吸器疾患、妊婦、授乳中の方はホワイトニングを行うことはできません。

 

 

 

 

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

患者様の声